息という自は、
「自らの心」と書きます。

息、呼吸に意識を向けるのは、
自分の心に目を向けるのと同じこと。

緊張しているとき
不安なとき
焦っているとき。

そういうときは、呼吸が自然と、速く浅くなるんですね。
呼吸が浅いと、体も考えも凝り固まります。

で、深く呼吸をしてみると、
心がすっと落ち着いたりします。

心理学で言うと、それは

相手をコントロールしないということ

自分をコントロールしない

身体をコントロールしない

身体を整えていく

心を整えていく

空間を整えていく

世界を広げていく

可能性を広げていく

精神の安定

息(呼吸)を大事にすることは、自分の心を大事にすること。

息(呼吸)を整えることが、

自分でできる自己セラピーです。