育児のやり方よりも先にママの心を

最近は「育児」にはたくさんの「良い」情報がたくさん詰まっているよね。

たくさん抱っこしてあげましょう。

スキンシップを大切に。

知育玩具はこれが最適。

お母さんの笑顔が子供のためになる。とか。

当たり前。

というか、そんな事はとっくにみーんなわかってる。

母親じゃなくたってわかる。

わかってるけど出来ないから苦しい。

そして、その情報がすべての親子に当てはまるかというと

そうでもないこともある。

というか、そんな育児方法を取り入れる前に

まず、育児本を今すぐ捨てよう。

それよりも

ママの今の固まった心や身体緩ませることが大切なんじゃないかって思う。

子育ての方法を学ぶ前に

まず

ママのカチカチな心が緩ませることが

何よりも先。

育児なんてうまくできなくてもいい。

怒鳴ってもいい

手を上げてしまうことがあってもいい

泣かせてもいい

自分の心を置き去りにして

子供のためにたくさん我慢して

優しいママでいないといけない

そんな思いを握りしめ

自分を殺して

苦しくて苦しくてしかたのない毎日を送るより

よっぽどいい。

ママの背負っている重い重い鎧を

少しずつ脱いで行けるような

そっちの情報の方が

よっぽど大事。